スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

5月30日 ディーノ彦根大会レポート

珍しい三連休、格安の高速バス発見。
そして元ホーム・ディーノ彦根で大会がある。
行くしかなかった。

と言う訳で約1年ぶりくらいのディーノです。彦根自体は半年ちょっと振りくらいですね。
ゲーセン不況のなか、かなり人が入ってまして、暫くはこのお店、安泰そうですね。
指も3曲99パセリなどなかなかの設定。
QMAは相変わらずの200円3クレ、予習7問3周。良心的。


さてさて懐かしい顔ぶれが揃う中、大会は13名でスタート。
大会ルールはディーノおなじみ封鎖ルール。詳しくは「QMA 滋賀」で検索を。
1回戦は4人対戦1つと3人対戦3つで、各1位が準決勝へ進み、2位以下は全員が2回戦に回る形式。
滋賀の音ゲー友達と合流していて音ゲーにも触りたい自分としては、先に抜けてしまいたいところ。

そんなこんなで最初の対戦がこの顔ぶれ。ノンラン有志はアキラさん(ふみつきまゆみさん)
というか大会名がおかしい。
05.30 1
文系が封鎖されたのでとりあえず社並で勝負。

して、結果↓
05.30 2
なんとか1位抜け。するも正直戦い方としてはお粗末。
Cancamの出版社を集英社にして単独不正解とかでヤバいヤバいってなって。
自選社並も全く機能せず、というか全員不正解とはいえ2問も落とすし。
しかし最後のノンランが奇跡的に自分に傾いて、そこでリードをとれました。
1位抜けということで、暫くユビートへ移動。


クロワ鳥乗りました←


モード切り替えて2回戦。おおういかにも彦根って感じのメンバー。
このメンバーで文系封鎖されてないのが奇跡的なので文エフェどーん。
05.30 3

結果↓
05.30 4
文系は全く仕事しませんでした。
が、BBさんのノンキュとにぃにの芸タイが案外働きまして...
割と余裕を持って決勝に進出と相成りました。
個人的に馬さんと当たるのを想定して、敢えて社会を封鎖つまり社並を捨てたのが良かった結果となりました。


さてもうここまで来たら優勝して帰りたいって感じで決勝。
大先輩のおじさんが待ち構えていますね...
未封鎖は芸・社・文。文系空いてるやんけ!
形式ではタイピングとキューブが未封鎖だったので、どちらで行こうとなって...
結局文キュで確定。封鎖状況的には流れが来ているのでこの機会を逃す手はない。
05.30 5


結果↓
05.30 6

QMA初めて2年半と少し...

初めて店舗大会で優勝しました。

展開的にはおじさんから飛んできた芸線がモロに刺さる。
しかしここで単独不正解を一つやらかしたものの、他の皆さんも苦戦しており大きなロスにはならず...
後半の自選文キュがそこそこ刺さる問題で...
あいなしさん(プレシャス1さん)が飛ばした文タイは単独含む100点でフィニッシュ。
封鎖ルールや問題運に助けられたものの、初栄冠となりました。

やはり大会っていいものですし、優勝は念願だったので格別です。
少し落ち気味だったモチベですが、また上向いてきそうです。
また中国地方の大会や、休みが合えば近畿の大会にも参加出来たらと思います。
今回、良い思い出となりました。
参加された皆様、お疲れさまでした。

尚、優勝賞品のLilyフィギュアは早速飾りました。
スポンサーサイト
 

読了記 思い出したくもない人生最悪の96時間(布施文章)

久々に読了。1ヶ月近くかかりました。

とあるミリタリー雑誌の記者である主人公・清水。
そんな彼の弟でここしばらく音信不通となっていた明雄。
清水は心配し弟を訪ねるが、そこにあったのは変わり果てた他殺死体。
思いがけず警察に目を付けられる身となった清水に更なるトラブルが。
弟が死んだ事件の真相と、謎のロシア人少女。
次々に露わになる真相が息をつく暇もなく読者に襲いかかる。


先日のルピナス探偵団より強烈な刺客でした。
ハードボイルドというか、作者がハードボイルドにただただ憧れて頑張って書きました感が凄い。
で、いろいろと作者の熱意ってのは伝わるんですが描写力がどうにも足りない。
具体的にどうとは言えませんが、馳星周氏の作品などと比べて明らかに劣るんですね。
64p「ギムレットをくれ、喉がかわいてるんだ」
このセリフとかくっさい。くさすぎて見てられない。
この手のサスペンスは元々苦手でさして読みたくもないうえに軍隊やら兵器やらの専門用語だらけでさらに意味不明。
おかげで仕事の合間に息抜きに読むということができずもう途中から半分修行みたいな読了でした。
タイトル買いした訳ですが、最低限内容は自分が欲しているジャンルに合わせるべきだと痛感しましたね。

評価:★★☆☆☆☆☆☆☆☆

思い出したくもない人生最悪の96時間 (メディアワークス文庫)

中古価格
¥1から
(2015/5/11 07:31時点)



 

QMA 戦国時代検定回収問題保存庫

戦国検定です。
前回の検定時に回収していた問題と合わせて晒します。
最高スコア6155。6000超えセットもれなく1ミスとかしてる死にたい。

(○)出雲の戦国大名・尼子氏が毛利元就に滅ぼされた戦いは、月山富田城の戦いである
→○

(○)1609年に岡本大八事件により死罪となったキリシタン大名は、小西行長である
→×(○は有馬晴信、行長は関ヶ原で死んでいるのでわかりやすいダミー)

(○)戦国時代の武将で、法名を「国泰祐松院殿霊山俊龍大居士」というのは、織田信長である
→×(○は豊臣秀吉。信長・秀吉の法名は順当てでも出題)

(四)大河ドラマ「秀吉」で秀吉を演じた俳優
→竹中直人
(分岐)「おんな太閤記」で秀吉を演じた俳優
→西田敏行

(四)織田信雄、信忠の生母
→吉乃

(四)1573年に織田信長が敵対する朝倉義景を滅ぼした戦い
→刀禰坂の戦い

(四)1573年に三方ヶ原の戦いがあった市
→浜松市

(四)1582年の本能寺の変の際に安土城にいた信長の妻子を保護した人物
→蒲生氏郷

(四)永禄の変の3年後、室町幕府15代将軍に就任した足利義昭を三好三人衆が襲った事件
→六条合戦

(四)秀吉の水攻めで有名な備中松山城がある市
→高梁市

(四)明智光秀の娘婿であることから本能寺の変の後内通を疑われた人物
→織田信澄

(四)蒲生氏郷に嫁いだ信長の次女
→冬姫

(四)戦国武将・太田道灌の故事に登場する「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき」という歌の作者
→兼明親王

(四)太閤検地で定められた年貢率
→二公一民

(四)1990年公開の角川映画 『天と地と』で武田信玄を演じた俳優
→津川雅彦
(分岐)上杉謙信を演じた俳優
→榎木孝明

(四)漫画 『仮面の忍者赤影』 で主人公・赤影を従わせている戦国武将
→豊臣秀吉

(四)家康が関東入国と共に置いた甲州口の警備を任務とする役職
→八王子千人同心

(四)上杉謙信が詠んだ「霜は軍営に満ちて秋気清し」で始まる漢詩の題名
→九月十三夜陣中作

(四)1498年に北条早雲が滅ぼした足利茶々丸の弟である室町幕府将軍
→足利義澄

(四)小豆坂七本槍を組織した大名
→織田信秀

(四)戦国自衛隊で戦国時代にタイムスリップした自衛隊が手を結ぶ武将
→長尾景虎
(上杉謙信じゃなく長尾景虎にしてあるあたりから察して)

(四)織田有楽斎が建てた、犬山市にある国宝指定の茶室、如庵があった寺
→建仁寺

(四)武田信玄の最後の戦として有名な、1573年に武田信玄と徳川家康の間で行われた戦い
→野田城の戦い 一言坂の戦い/二俣城の戦い/三方ヶ原の戦い

(四)明智光秀が本能寺の変で織田信長を倒したことによる「三日天下」は、実際には何日間だった?
→11日 7日/9日/5日

(四)1588年に、上杉景勝の命を受けた本庄繁長と武藤義勝が、最上義光の軍勢に勝利して庄内地方を手に入れた戦いのこと
→十五里ヶ原の戦い 五里ヶ原の戦い/十里ヶ原の戦い/二十里ヶ原の戦い

(四)戦国武将・黒田長政が所有していた「銀箔押一の谷兜」に「一の谷」という地名がついている理由は?
→一の谷のような形をしているから 一の谷の鉄で作ったから/一の谷で最初に戦ったから/作者が一の谷出身だから

(四)戦国武将・後藤又兵衛にちなんだ「又兵衛桜」がある奈良県の都市は?
→宇陀市 香芝市/御所市/葛城市

(四)豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に文禄の役で総大将を務めたのは?
→宇喜多秀家
(分岐)慶長の役で総大将を務めたのは?
→小早川秀秋 有馬晴信/小西行長

(四)戦国時代に暗躍したという盗賊団の頭領・石川五右衛門が1594年に処刑されたのは京都のどこ?
→三条河原 二条河原/四条河原/五条河原

(四)多くの武将に仕えた藤堂高虎の名言 「武士たるもの何度主君を変えねば武士とは言えぬ」?
→七度 五度/九度/三度

(四)島津義弘が豊臣秀吉の朝鮮出兵に従軍した際に、四方に散らばった味方がタイミングを合わせて敵に攻めこむために用いた動物
→猫 犬/鶴/馬

(四)織田信長の性格を詠んだ「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」という句が登場する江戸時代の随筆集
→甲子夜話 常山紀談/折たく柴の記/宇下人言/大学或問

(連)戦国時代の画家、『星光寺縁起』、『清水寺縁起』、『北野天神縁起』
→土佐光信

(連)有名な豪商、名は光好、ベトナムとの朱印船貿易、大堰川・保津川などを開削
→門倉了以

(並)牙を剥いて威嚇する神の顔を鉢の部分に取り付けてある上杉謙信が着用した甲冑
→三宝荒神形春張懸兜

(並)そのいでたちから「天狗」と恐がられた「天流」の祖
→斉藤伝鬼坊

(並)木曽義仲が倶利伽羅峠で用いた牛の角に松明をつけて襲撃する戦法を、中国・斉の武将の名をとって何という?
→田単火牛の計
(戦国時代・・・?)

(並)戦国武将・上杉謙信の辞世の句
→道楽も地獄も先は有明の「月ぞ心に掛る雲なき」

(ス)1560年浅井長政が六角義賢を破った戦い
→「野良田」の戦い

(ス)1565年に室町幕府13代将軍足利義輝が三好三人衆と松永久秀らに暗殺された事件
→「永禄」の変

(ス)1582年の武田氏征伐の際に織田信長が焼き討ちし快川紹喜が亡くなった寺
→「恵林」寺

(ス)中古日本治乱記を著した人物
→山中長俊

(ス)1573年に信長に京都を追放された室町幕府将軍・足利義昭が入城した、現在の大阪府東大阪市にあった三好義継の居城
→「若江」城

(ス)1587年に九州征伐を開始した豊臣軍と島津軍が日向で戦った合戦
→「根白坂」の戦い

(ス)1590年の小田原征伐の際に秀吉が一夜で出来たかのように築いた城
→「石垣山」城

(ス)1566年に千葉氏の家臣、原胤貞に上杉軍が負けた戦い
→「臼井」城の戦い

(ス)1547年に織田信秀が斎藤道三に敗れ、その後信秀の嫡男・信長と道三の娘・帰蝶が結婚して和僕を結んだ戦い
→「加納口」の戦い

(ス)織田信長の妹・お犬の方の息子でお市の方の娘・江と結婚するも離縁させられた人物
→佐治一成

(ス)1549年に細川晴元の家臣、三好長慶が政敵である同族の三好政長を破った戦い
→「江口」の戦い

(ス)樋口定次によって確立されたとされる戦国時代の剣の流派
→馬庭念

(ス)織田信長の死後関東地方で滝川一益と北条氏康が戦った合戦
→「神流」川の戦い

(ス)若松城の拡張ができんから家康との決戦に備えて直江兼続が会津若松市に築かせた城
→「神指」城

(ス)煮豆をすりつぶして麹と一緒に袋に入れておくと戦場に着く頃に完成する、戦国時代に利用された携帯用の味噌
→「陣立」味噌

(ス)実在の戦国武将・三好政勝がモデルの、真田幸村に仕えたとされる「真田十勇士」の一人
→三好「伊三」入道
(政勝なら弟)

(ス)実在の戦国武将・三好政康がモデルの、真田幸村に仕えたとされる「真田十勇士」の一人
→三好「晴海」入道
(三好三人衆の一人。三人衆は覚えて損はない)

(ス)1581年に吉川元春が背水の陣のために落とした橋がかかる川
→「橋津」川

(ス)信玄の軍師・山本勘助ら多くの武将が信仰した光や陽炎を神格化した神
→摩利支天

(ス)1551年に大内義隆が陶晴賢に敗れ自害した変
→「大寧」寺の変
(「大寧寺」までスロットになっている問題も見かけました)

(ス)関ヶ原の戦いの直前、上杉景勝の討伐に向かう途中に石田三成挙兵を聞いた徳川家康が諸将を集めて開いた軍議
→「小山」会議

(ス)1555年に能登畠山氏の実権を取り戻すため、畠山義綱が畠山七人衆の温井総貞を暗殺したことに端を発する内乱
→「弘治」の内乱

(ス)1559年に石見銀山を巡って毛利軍が尼子軍に大敗を喫した戦い
→「降露坂」の戦い

(ス)戦国時代を知る上での第一級史料として名高い「駒井日記」の著者
→駒井「重勝」

(ス)美濃加納藩の初代藩主を務めた武将で、武田勝頼の攻撃を織田・徳川軍が来るまで長篠城に籠城して耐えたことで有名なのは?
→奥平信昌

(ス)1599年に起きた、島津氏と伊集院氏の間で起きたお家騒動
→「庄内」の乱

(ス)播磨三大城の一つに数えられた兵庫県にあった別所氏の居城で秀吉がここを攻略する際に竹中半兵衛が戦死したのは?
→「三木」城
(半分地元です。あと半兵衛は病死ですね)

(ス)戦国大名・島津義弘の家臣で関ヶ原の戦いで退却する際に主君を逃がすために身代わりとなって敵陣に突撃したのは誰?
→阿多盛淳

(ス)北条五色備のうち黒備を率いていた戦国武将で、北条氏康の軍師として河越城の戦いなどで活躍したのは誰?
→多目元忠

(ス)大坂冬の陣では徳川家康が、大坂夏の陣では真田幸村が陣城として使用した、別名を茶臼山陣城という城
→「大塚」城

(ス)伊庭野惣八郎と新井田隆景という2人の美少年を寵愛したことから家中が分裂し、お家騒動へと発展した陸奥国の戦国大名
→大崎義隆

(ス)豊臣秀頼の娘で、大坂夏の陣の後に、出家して千姫の養女となることで処刑を免れ、鎌倉の東慶寺に入山したのは?
→「天秀尼」
(東慶寺は縁切り寺として有名)

(ス)「諏訪御寮人」と称された武田信玄の側室の、大河ドラマ「風林火山」における名前
→「由布」姫

(ス)織田信長、柴田勝家、豊臣秀吉に仕えた戦国武将で、歴史書「中古日本治乱記」を著したことで知られるのは?
→山中長俊

(ス)武田信玄の妹・禰々を正室とした信濃国の戦国大名で、1542年に信玄との戦いに敗れ、東光寺で切腹したのは?
→諏訪頼重

(ス)鶴岡八幡宮での上杉謙信の関東管領就任式で下馬をせず、謙信に扇で烏帽子を打ち落とされたため反旗を翻した謙信の家臣
→成田長泰

(ス)16世紀に小山田氏の居城となった山梨県にあったお城で岩山に建てられた堅守の城として有名なのは?
→「岩殿山」城

(ス)1562年に現在の大阪府岸和田市で三好長慶の弟・三好実休が畠山高政に敗れて戦死した戦い
→「久米田」の戦い

(ス)伊勢長島の一向宗に対する拠点として織田信長の弟・信興が築いた城で、1570年にここで信興が戦死したのは?
→「古木江」城

(パ)織田信雄、石田三成、前田利常に仕えた、戦国三大美少年の1人
→浅香庄次郎

(パ)信長死後の1582年に空白地の旧武田領を徳川と北条が奪い合った争い
→「天正壬午」の乱

(パ)光秀が本能寺の変の前に「時は今~」を読んだとこ
→愛宕百韻

(パ)徳川家康が愛用した兜を前立ての形から
→歯朶具足

(パ)今川義元が幼少期、善徳寺で名乗っていた名前
→梅岳承芳

(パ)大坂の役の原因となった、方広寺の鐘に刻まれた文字「国家安康 君臣豊楽」を選定した南禅寺の僧
→文英清韓

(パ)半将軍と呼ばれた武将
→細川政元

(パ)大村純忠に洗礼を行ったイエズス会宣教師
→コスメ・デ・「トーレス」

(パ)戦国武将・大谷吉継の家臣で関ヶ原の戦いで主君の首の代わりに自分の首を差し出したエピソードで有名な人物
→湯浅五助

(パ)分国法で最も条の多かった塵芥集の条数
→171

(パ)室町幕府第13代将軍・足利義輝が殺害された1565年の永禄の変の際には、義輝がこれを振るって応戦したという天下五剣の一つ
→三日月宗近

(パ)「織田信長」「豊臣秀吉」といった戦国武将の名前がついた日本酒を販売している岐阜県の会社
→「日本泉」酒造

(パ)漫画雑誌「コミックゼノン」の創刊号から連載されている織田信長を主人公とした原哲夫の漫画
→「いくさ」の子

(パ)1576年に戦国大名の大友宗麟が来日したポルトガル人宣教師から輸入した日本初の大砲のこと
→「フランキ」砲

(パ)関ヶ原の戦いで東軍から西軍に寝返ったため、石見国津和野に追放された、出羽国の横手城主だった戦国武将
→小野寺義道

(タ)1577年に加賀国で織田信長が上杉謙信に大敗した合戦
→てとりがわ

(タ)上杉謙信が七尾上で詠んだ漢詩の一節
→霜は軍営に満ちて「しゅうき(秋気)」清し

(タ)長宗我部元親の家臣
→滝本寺「ひゆう(非有)」

(タ)山内一豊が家康に提供した城
→「かけがわ(掛川)」城

(タ)織田信長が朝倉義景を倒した後その髑髏に施した、漆を塗り金粉を塗る加工
→はくだみ(箔濃)

(タ)三方ヶ原の戦いで敗戦した際、その戒めとして徳川家康が描かせた肖像画のこと
→「しかみ(顰)」像

(タ)米沢藩士の教育を図るために上杉景勝の家臣・直江兼続が創設した学館
→「ぜんりん(禅林)」文庫

(タ)秀頼と和期の子供で、大坂夏の陣のあと8歳で斬首された人物
→「くに(国)」松

(タ)NHK大河ドラマ「武田信玄」では若尾文子が演じた武田信玄の母
→「おおい(大井)」夫人

(タ)お城の石垣の建築方法で自然な石をそのまま積み上げるものを何という?
→「のづら(野面)」積み
(分岐)石を加工して接合面を増し隙間に小石を挟んだもの
→「うちこみ(打ち込み)」接ぎ
(分岐)石材を綺麗な方形に加工し隙間なく密着させたもの
→「きりこみ(切り込み)」接ぎ

(タ)4度目の川中島の戦いで上杉側に啄木鳥戦法を見破られた武田側が敷いたのは?
→「かくよく(鶴翼)」の陣

(タ)戦国時代、武士が出陣の際に三献の儀で食べたもの
→昆布、勝栗、「うちあわび(打ち鮑)」

(タ)関ヶ原の戦いの後、幽閉状態の真田昌幸が生活費を賄うために作製・販売したのは?
→真田「ひも(紐)」

(タ・お市の方から分岐)細川昭元の正室となったのは?
→お「いぬ(犬)」の方

(タ)1506年に朝倉教景を総大将とする朝倉氏が一向衆の一気に勝利した戦い
→「くずりゅう(九頭竜)」川の戦い

(タ)戦国武将の山内一豊が妻の内助の功により購入したといわれる名馬
→「かがみ(鑑)」栗毛

(タ)1563年に六角義治が城内で家臣の後藤賢豊を殺害したお家騒動
→「かんのんじ(観音寺)」騒動

(タ)足利成氏を初代とする室町後期から戦国時代にかけて存在した関東足利氏
→「こが(古河)」公方
(分岐)第2代古河公方・足利政氏の子足利義明が自称して古河公方と対立したのは?
→「おゆみ(小弓)」公方
(どうせ堀越公方の分岐もあるでしょうが遭遇したら追加します)

(タ)戦国時代、戦場で所属を示すために用いられた、軍旗や飾りを総称して何という?
→「はたさし(旗指)」物

(タ)戦国武将・豊臣秀吉の家紋に花は全部でいくつ描かれている?
→17

(タ)1582年の山崎の戦いで敗走する明智光秀を、竹槍で突き殺した農民の名前
→「なかむら(中村)」長兵衛

(タ)1590年の小田原征伐の際に豊臣秀吉が一夜で石垣山城を築かせた山の名前
→「かさがけ(笠懸)」山

(タ)1516年に北条早雲に攻めこまれ新井城で討ち死にした、相模三浦氏の最後の当主
→三浦「よしあつ(義同)」

(タ)逃げ場のない一本道へ誘い込む、戦国武将・島津義久が考案した奇襲戦法
→「つりのぶせ(釣り野伏せ)」の計

(タ)1570年に織田信長が浅井長政、朝倉義景、延暦寺の連合軍と衝突した戦い
→「しが(志賀)」の陣

(タ)2010年にタレントの松村邦洋が出版した歴史バラエティー本
→武将の「ボヤキ」

(タ・蜻蛉切からの分岐)本田忠勝が使用した兜は?
→「かづの(鹿角)」脇立兜

(タ)戦国時代に来日し、西洋医学による日本初の病院を作ったポルトガル人
→ルイス・デ・「アルメイダ」

(エ)尼子経久に対して反乱を起こした経久の3男【塩冶興久】
→えんやおきひさ

(エ)1573年三方ヶ原の戦いで戦死【平手汎秀】
→ひらてひろひで

(エ)小早川隆景が一本化した小早川家の本家筋【沼田】
→ぬた

(エ)戦国武将、織田信長の生母【土田】
→「どた」御前

(エ)毛利元就暗殺を企てて殺された毛利家家臣【渡辺勝】
→わたなべすぐる

(エ)後に淀殿の養女となった秀頼と江の娘【完子】
→さだこ

(エ)本能寺の変では二条御所で難を逃れた正親町天皇の皇子【誠仁親王】
→さねひとしんのう

(エ)天下三名槍の一つ【御手杵】
→おてぎね

(エ)1582年に滝川一益と北条氏直が衝突した戦い【神流川】
→「かんながわ」の戦い

(エ)高知県に合った長宗我部氏の居城【岡豊城】
→おこうじょう

(エ)1542年に始まった伊達稙宗と晴宗による内乱【洞の乱】
→うつろのらん

(エ)1554年に陶晴賢と毛利元就が争った戦い【折敷畑】
→おしきばた

(エ)毛利氏の陰謀により暗殺された沼田小早川氏の家臣【田坂義詮】
→たさかよしあき

(エ)かつて島根県にあった小笠原氏の居城【温湯城】
→ぬくゆじょう

(エ)戦国時代の甲冑で、胴の裾に垂らして下半身を防御した部分【草摺】
→くさずり

(エ)1589年に伊達政宗が蘆名義広を破った戦い【摺上原】
→「すりあげはら」の戦い

(エ)戦国時代に尼子氏の居城となった島根県にあった城【月山富田】
→「がっさんとだ」城

(エ)蒲生氏郷が所有していたツバメの尾のような形の兜【燕尾形兜】
→えんびなりかぶと

(エ)最上義光の策略により小野寺義道が殺害した、彼の家臣だった智将【八柏道為】
→やがしわみちため

(エ)1569年に北条氏が武田信玄を奇襲した合戦【三増峠】
→「みませとうげ」の戦い

(エ)戦国時代の甲冑で肩を防御するための部分【小鰭】
→こびれ

(エ)1536年から1545年に起こった今川義元と北条氏康の戦い【河東の乱】
→かとうのらん

(エ)徳川四天王の一人、本田忠勝の愛馬【三国黒】
→みくにぐろ

(エ)豊臣秀次と共に自害を命じられた千利休の弟子でもあった彼の家臣【木村重玆】
→きむらしげこれ

(エ)1531年に赤松政祐と細川晴元が浦上村宗と細川高国を破った戦い【大物崩れ】
→だいもつくずれ

(エ)戦国時代に主君の近くにおいて身辺警護にあたった家臣のこと【近習】
→きんじゅう

(エ)戦国時代の甲冑で、首を守るために兜の左右と後ろに広がった部分【錏】
→しころ

(エ)戦国時代の合戦でとられた陣形の一つ【雁行】
→がんこう

(エ)織田信長や有馬晴信らの武将が用いた家紋【木瓜】
→「もっこう」紋

(エ)戦国時代の合戦で取られた陣形の一つ【衡軛】
→こうやく

(エ)戦国時代の甲冑で、腰から左右に広げて大腿部を防御する部分【佩楯】
→はいだて

(エ)関ヶ原の戦いの退却戦で島津義弘が用いた戦法【捨て奸】
→すてがまり

(エ)茜、白、紫などの色糸を用いた戦国武将の腹巻【色々威】
→「いろいろおどし」腹巻

(エ)1578年の耳川の戦いで戦死した、勇将として有名な大友宗麟の家臣【斎藤鎮実】
→さいとうしげざね

(エ)関ヶ原の戦いでの湯浅五助とのエピソードで有名な戦国武将【藤堂高刑】
→とうどうたかのり

(順)上杉謙信に関する出来ごとを古い順に
小田原城の戦い(1560)
尻垂坂の戦い(1572)
七尾城の戦い(1576)
手取川の戦い(1577)

(順)大河ドラマを放送順に
太閤記
国盗り物語
徳川家康
独眼竜政宗
毛利元就

(順)戦国武将、北条氏康に関する出来事を時代が古い順に
河越城の戦い(1546)
甲相駿三国同盟(1554)
第二次国府台の戦い(1564)
三増峠の戦い(1569)

(順)戦国武将・織田信長の法名に
総見院
殿贈大相国
一品
泰巌尊儀
(面倒なので3524と文字数で覚えてます)

(順)戦国武将・上杉謙信の辞世の句である漢詩に
四十九年
一睡夢
一期栄華
一杯酒

(順)戦国武将・大友宗麟に関する出来事を時代が古い順に
二階崩れの変(1550)
菊池義武の反乱を鎮圧(?)
門司城の戦い(1554)
今山の戦い(1570)
岩屋城の戦い(1586)
戸次川の戦い(1587)
(菊池氏反乱は二階崩れの変が契機なのですが、彼を殺害したタイミングとなると恐らく門司城の戦い後になるので暫定的です)

(順)四国の戦国武将・長宗我部元親に関する出来事を古い順に
長浜の戦い(1560)
八流の戦い(1569)
四万十川の戦い(1575)
中富川の戦い(1582)
文禄・慶長の役(1592~)

(順)上杉謙信が七尾城の戦いで詠んだとされる漢詩に
霜は軍営に満ちて秋気清し
数行の過雁月三更
越山併せ得たり能州の景
遮莫あれ家郷遠征を憶う

(順)戦国武将・島津義久に関する出来事を古い順に
木崎原の戦い(1572)
岩屋城の戦い(1586)
根白坂の戦い(1587)

(順)戦国武将・毛利元就に関する出来事を古い順に
有田中井手の戦い(1517)
吉田郡山城の戦い(1540)
厳島の戦い(1555)

(順)戦国武将・浅井長政に関する出来事を時代が古い順に
野良田の戦い(1560)
金ヶ崎の退き口(1570)
小谷城の戦い(1573)

(順)武田信玄と徳川家康の戦いを古い順に
一言坂の戦い(1572.10.14)
二俣城の戦い(1572.10.16)
三方ヶ原の戦い(1573.1)
野田城の戦い(1573.1)

(順)戦国武将・大内義隆に関する出来事を時代が古い順に
田手畷の戦い(1530)
勢場ヶ原の戦い(1534)
大寧寺の変(1551)

(順)戦国の武将・明智光秀の辞世に
順逆無二門
大道徹心源
五十五年夢
覚来帰一元

(順)戦国武将・松永久秀に関する出来事を時代が古い順に
東大寺大仏殿の戦い(1567)
若江城の戦い(1573)
信貴山城の戦い(1577)
(信貴山の所在地の奈良で画像タッチ、信貴山=しぎさんで社会だったかのエフェ)

(順)上杉氏の武将を生まれた順に
上杉謙信
上杉景勝
上杉定勝

(順)明智光秀の娘、細川ガラシャの辞世の句に
散りぬべき時知りてこそ
世の中の
花も花なれ
人も人なれ

(順)戦国武将・三好長慶に関する出来事を時代が古い順に
太平寺の戦い(1542)
舎利寺の戦い(1547)
中尾城の戦い(1550)
相国寺の戦い(1551)
北白川の戦い(1558)

(順)戦国武将・豊臣秀吉の法名に
国泰祐
松院殿
霊山俊
龍大居士

(線)小豆坂七本槍と呼ばれた織田信秀の家臣の名前に
佐々→政次
岡田→重善
下方→貞清
中野→一安

(線)豊臣秀吉の側室とその父である武将の正しい組み合わせ
月桂院→足利頼純
姫路殿→織田信包
お種殿→高田次郎左衛門

(線)忍者の流派と発生した旧国名の正しい組み合わせ
義経流→越前国
福島流→安芸国
福智流→下野国

(線)豊臣秀吉が組織した旗本衆七手組
速水→守久
青木→一重
伊東→長実
中島→氏種
真野→頼包

(線)キリシタン大名とその洗礼名
有馬晴信→プロタジオ
蒲生氏郷→レオン・レオ
小西行長→アゴスティノ
大村純忠→バルトロメオ
大友宗麟→フランシスコ

(線)大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の登場人物と俳優の組み合わせ
徳川家康→北大路欣也
織田信長→豊川悦司
豊臣秀吉→岸谷五朗

(線)天地人の登場人物と俳優の正しい組み合わせ
直江景綱→宍戸錠
小早川秀秋→上地雄輔
上杉景虎→玉山鉄二
伊達政宗→松田龍平
織田信長→吉川晃司
直江兼続→妻夫木聡

(線)上杉諸家とその家出身の人物
扇谷上杉家→上杉朝定
犬懸上杉家→上杉禅秀
山内上杉家→上杉憲政

(線)NHK大河ドラマとその番組で信長を演じた俳優
功名が辻→舘ひろし
春日局→藤岡弘、
徳川家康→役所広司

(線)大河ドラマ『風林火山』の登場人物と演じた俳優。
武田信玄→市川亀治郎
山本勘助→内野聖陽
今川義元→谷原章介
緒方拳→宇佐美定満
諏訪頼重→小日向文世
村上義清→永島敏行

(線)文字列を組み合わせて戦国三大美少年
名古屋→山三郎
不破→万作
浅香→庄次郎

(線)天地人の俳優の正しい組み合わせ
石田三成→小栗旬
直江兼続→妻夫木聡
伊達政宗→松田龍平
福島正則→石原良純
前田利家→鶴見辰吾
明智光秀→宇津井健
織田信長→吉川晃司

(線)1600年の上田合戦で名を上げた上田七本槍の正しい組み合わせ
中山→照守
辻→久吉
鎮目→惟明
戸田→光正
斉藤→信吉
朝倉→宣正

(線)関東七名城と呼ばれたお城と存在した関東の県の正しい組み合わせ
金山城→群馬県
忍城→埼玉県
唐沢山城→栃木県

(線)戦国時代の城と居城としていた武将の正しい組み合わせ
玉縄城→本多正信
芥川城→三好長慶
阿尾城→前田慶次郎
桑名城→本多忠勝
北の庄城→結城秀康
岩屋城→高橋紹運
菩提山城→竹中半兵衛
亀山城→斎藤利三
郡山城→筒井順慶
龍野城→蜂須賀正勝
岡豊城→長宗我部元親

(線)戦国時代に栄えた剣の流派とその開祖の正しい組み合わせ
馬庭念流→樋口定次
微塵流→根岸兎角
神影流→奥山公重

(線)戦国武将と関ヶ原の戦いで陣を置いた山の正しい組み合わせ
石田三成→笹尾山
毛利秀元→南宮山
宇喜多秀家→天満山

(線)戦国武将と正室の正しい組み合わせ
直江兼続→お船の方
今川義元→定恵院
毛利元就→妙玖
北条氏康→瑞渓淫
豊臣秀吉→高台院

(線)NHK大河ドラマとその番組で織田信長を演じた俳優の正しい組み合わせ
徳川家康→役所広司
武田信玄→石橋凌
信長→緒形直人

(線)城の縄張りの形式とそれに分類される城の正しい組み合わせ
螺旋式→姫路城
連郭式→彦根城
輪郭式→名古屋城
(よくわかんないですが多分)

(線)キリシタン大名とその洗礼名の正しい組み合わせ
黒田長政→ダミアン
宇久純堯→ドン・ルイス
木下勝俊→ペテロ
(黒田長政オーメンですか)

(線)戦国武将・三好長慶が参加した戦いと対戦相手の正しい組み合わせ
中尾城の戦い→足利義輝
相国寺の戦い→細川晴元
教興寺の戦い→畠山高政
舎利寺の戦い→細川氏綱

(線)戦国武将・伊達政宗が参加した戦いと対戦相手の正しい組み合わせ
長谷堂城の戦い→上杉景勝
摺上原の戦い→蘆名義広
人取橋の戦い→佐竹義重

(多)応仁の乱で東軍に属した守護大名
○北畠教具、京極持清
×畠山義就、斯波義廉

(多)応仁の乱で西軍に属した守護大名
○一色義直、大内政弘
×赤松政則

(多)応仁の乱で西軍についた人物
○足利義尚、斯波義廉
×斯波義敏

(多)戦国時代のままの天守閣が現存する城。
○松本城、丸岡城

(多)滋賀県にあった佐和山城を居城とした武将。
○堀秀政、石田三成

(多)摂津三守護を全て
○池田勝正、和田惟政、伊丹親興

(多)僧侶から還俗した武将を全て
○龍造寺隆信、今川義元

(多)関ヶ原の戦いで東軍から西軍に寝返った大名を全て
○宮部長房
×織田秀雄、竹中重利
(恐らく)

(多)1544年の井ノ口の戦いに参加した戦国武将を全て
○織田信秀、斎藤道三
×浅井長政
(別名加納口の戦い)

(多)毛利輝元を補佐し「四人衆」と呼ばれた家臣を全て
○吉川元春、小早川隆景、福原貞俊、口羽通良
×吉弘鑑理、臼杵鑑速
(裏は豊州三老あたり?大友の家臣かどうかで見分けられそう。口羽はエフェ)

(多)1517年の有田中井手の戦いに参加した戦国武将を全て
○毛利元就、武田元繁
×六角義賢

(多)豊臣秀吉が「天下の三陪臣」と讃えた武将を全て
○小早川隆景、直江兼続、堀直政
×本多忠勝、石田三成

(多)豊臣秀吉の側室を全て
○淀殿、徳子、三の丸殿
×坂氏、五郎八姫、濃姫
(五郎八姫=いろはひめでエフェ)

(多)戦国時代のままの天守閣が現存する城を全て
○丸岡城、松本城
×新発田城、江戸城

(グ)戦国時代の大名を秀吉の奥州仕置の結果ごとに
改易:江刺重恒、大崎義隆、石川昭光
所領安堵:相馬義胤、秋田実季
 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。