スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎(七尾与史)

死亡フラグが立ちました!でデビューした七尾氏の作品です。
この人はドS刑事にしてもそうですが、キャッチーなテーマを持ってくる印象です。

山手線をオフィスの代わりにする探偵一団がいる。
探偵の霧村雨、自称作家の三木幹夫、そして助手役の小学生シホ。
スタートは電車でありがちな痴漢の冤罪を霧村が解いたことだった。
それを皮切りに次々と繋がっていく事件。
そして、霧村が山手線に固執する理由とが結びついた時、大きな事件の全貌が明らかになる。


七尾氏の持ち味はなんといっても連鎖反応ですね。
ミステリのバタフライ・エフェクトとでもいいましょうか。
一つの事柄が少しずつ広がって大きくなる様は確かに見物です。
とはいえその持ち味を出せるミステリ作家さんは別に七尾氏に限ったことでもなく...
最終的にはそこそこなミステリに落ち着いてしまうのが残念な所でもあります。
この作品もそうで、特筆すべき所はないが、ミステリとしては十分仕上がっているといったところ。
山手線...である必要はなくとも電車である必要性は見出せましたしね。
このミス出身で数少ない、私がそこそこ読める作家さんなので今後も期待です。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

七尾与史(ななおよし)でエフェクトにあった気がします。
ミスサス検限定だったか、トナメ放流されてるか記憶は定かではないです...

山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎 (ポプラ文庫)

新品価格
¥669から
(2014/10/9 02:31時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。