スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 女子大生会計士の事件簿 DX.1ベンチャーの王子様(山田真哉)

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」の著者のデビュー作です。
小説から出発されてたんですね。

女子大生会計士・藤原萌実と新米会計士補・柿本一麻。
このコンビがあちこちの会社で起こった会計にまつわる秘密を暴く。
UKなる裏金の真相や、操作された株価の秘密などなど7編が収録。
その全てが新感覚なビジネス・ミステリ。
これを読めば経済に強くなれる一冊。


実は高校時代は商業をやっていたので、簿記の勘定科目とかの単語が多く登場して懐かしかったですね。
話は難しい内容をなるべく砕いてあって、経済知識がなくとも入り込める作りになっています。
そしてある種のネタバレですが、野々村議員のバイブル説が浮上しそうな話がありましたね、えぇ。
ただし一つ引っかかるのは女子大生会計士という肩書き。
これ、女子大生である必要が全くないどころか、女子大生であるのが不自然です。
ついでに登場人物の名前の殆どが平安以前の人物に拠っているのはどうしてなのだろうか...
なぜか最初の話だけ北陸の大名でしたが。


評価:★★★★★★☆☆☆☆

女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様 (角川文庫)

新品価格
¥514から
(2014/10/9 13:47時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。