スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 夏季限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信)

前作の春季限定いちごタルト事件はかなーり前に読了済みです。

相も変わらず小市民を目指す小鳩常悟朗。
そんな彼の夏は小佐内さんとのスイーツ巡りで彩られる。
そんなある日、超絶に美味なシャルロットを二人で食することになった小鳩君。
しかし彼とて人間、ちょっと悪戯心が働いてミニ事件を故意に起こしてみたり。
そしてメインとなるのは小佐内さん誘拐事件。
彼らの夏にはスイーツの甘さを中和するような強烈な事件が待っていた。


短編集のようでありながらきちんと繋がった全ての話。
ごゆるりと楽しみたいなら「シャルロットだけはぼくのもの」あたりを。
精緻な構成に舌鼓を打ちたいなら後半の「おいで、キャンディーをあげる」あたりから。
比較的薄めの本にかなりいろいろと詰まった作品だと思いました。
古典部シリーズとも、似ているようで違う。
ゆるりとした雰囲気や、米沢流のタッチに共通項は見出せるのに...
小佐内さんのとんでもないキャラクター、これが原因でしょうね。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

新品価格
¥617から
(2014/10/27 00:08時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。