スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 私の嫌いな探偵(東川篤哉)

ひっさびさの東川作品です。

本日も烏賊川市のどこかでひっそりと事件が起こる。
それに巻き込まれてしまうのはしがない私立探偵の鵜飼杜夫と愉快な仲間たち。
どうやら彼の事務所がある黎明ビルに大きな衝撃が走り、外では人が壁に体を強打して倒れている模様。
そして目撃者によると、その男は壁へスピードを緩めることなく全力疾走していたらしい。
人間の防衛本能を無視したこの怪事件の真相やいかに。
他にも、エクトプラズム現象を死の間際に見せた男性の話や、炎上した部屋から消え去った女など計5編を収録。
息もつかせぬ東川ワールドが展開された傑作。


私の天の学舎初代CN「いかがわしみん」の元ネタシリーズ最新作をようやっと読めました。
実は去年の今頃放送していたこの本と同タイトルのドラマ(玉木宏主演)は見ていたので、大半の作品のトリックは知ったうえでの読了です。
まぁ一言で言うと、久々の東川ワールドに引き込まれました。
やはりあの人のボケとツッコミの掛けあいの上手さは絶妙です。下手なラノベより全然笑えます。
鵜飼と朱美のやりとりはもちろん、刑事二人やモブまで含めた全員がボケに回りうる展開、そして時にちびまる子ちゃんのナレーションのように地の文でのツッコミが綺麗に決まる。
トリックをいくら知っていようが、これは本でしか体験できません。
もはや評価に作者補正が入っていることは公言しますが、やはり東川氏は好きです。
もう一冊、仕入れているのでそちらも楽しみにつんどきます。
ちなみにトリック中心の評価をするとしても、なかなか良い作品だと思いますよ。本格から外れてはいませんので。
「死に至る全力疾走の謎」と「二○四号室は燃えているか?」の二作が個人的に非常に好きです。

評価:★★★★★★★★★☆

私の嫌いな探偵

新品価格
¥1,620から
(2015/1/8 01:51時点)




私の嫌いな探偵 Blu-ray BOX

新品価格
¥14,213から
(2015/1/8 01:51時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。