スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 確立捜査官 御子柴岳人(神永学)

神永作品は心霊探偵八雲以来です。

取調室で起きた暴行事件の責任をとり、新米刑事の新妻友紀が異動させられたのは特殊取調対策室。
そこで出会ったのは、数字に取り憑かれたワガママ数学者の御子柴岳人だった。
彼は確率論を使い、客観的に正確な取り調べをするために呼ばれた准教授。
そんな中一人の女性が取調室へと連れられてきた。
とある殺人事件の容疑者で、既に殺意は認めているものの、少し違和感がある。
その取り調べに同席した御子柴が行ったのは意味不明な質問の連続。
しかしそれが確率論と結びついたとき、容疑者の本心が炙り出されていく。
新感覚の取調室ミステリ。


基本的に地味な作品です。そりゃあ主な舞台が一つの部屋なんですからね。
ゲーム理論なんて出てきたりで、大学時代に社会学をやっていた自分からしたら懐かしくもありましたが...
やはり派手さがない分、話全体の出来としては少し物足りないといった感じでしょうか。
あとは数学、つまり理系と取り調べの融合が上手く調和していたかというと、それも微妙。
どうにも不協和音があったというのか、それとも文系人間が理解するには荷が重かったのかはわかりません。
ただただ全体を通して、そこまで盛り上がりもなく、淡々と進む作品。
本当に可もなく不可もなくといった感じでした。
あとはチュッパチャプスキャラ推し過ぎ。これは正直辟易するほどでした。
理系の方は、読んでみてもいいかもしれません。

評価:★★★★☆☆☆☆☆☆

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム (角川文庫)

新品価格
¥648から
(2015/1/16 11:00時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。