スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 生徒会探偵キリカ3(杉井光)

広島、ラノベの品ぞろえが自分よりじゃないんですけどこれはありました。

牧村ひかげ、超巨大学園の生徒会書記。
いつものように変人ハーレムに振り回されながら迎えた夏。
そこに飛び込んできた、情報系テストにおけるカンニング疑惑。
カンニングに見出せない必然性を、生徒会探偵はいかにして構築するのか。
そしてラノベといえば忘れてはならないのが水着。
しかし白樹台学園のプールはただで楽しませてくれない。
なぜかプールに大量にぶちまけられたスク水と、プール底の謎の紋様。
この不可思議極まりない自体にも、生徒会探偵が挑む。


読み終わって1週間くらいしてからのレビューなので記憶がヤバいです。
ある程度、楽しめた記憶はあります。
ラノベの体裁を保ちながら、上手く探偵話を盛り込んでいるなぁと。
特に大抵のサブカル作品に必須のプール会を綺麗なミステリに仕上げていたのは杉井氏の筆力を感じました。
解決編も全体的に、概ね納得できるものでしたしね。
もちろんお粗末な点であったりはありますが、単に時間を潰すツールとしては及第点でしょう。

評価:★★★★★★☆☆☆☆

生徒会探偵キリカ3 (講談社ラノベ文庫)

新品価格
¥648から
(2015/3/12 00:19時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。