スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記  大癋見警部の事件簿(深水黎一郎)

よくぞ置いてあったりブックオフ

大癋見、一度聞いたらもう忘れないその名字。
ブルドッグのような風貌に豪快な身体、もちろん発言も行動も豪快な彼は仮にも部下を多く持つ立派な警部。
本日もどこかで起こる奇妙な事件に、部下を引き連れ相対する。
しかし彼は別に名探偵ではない。
だから身の回りに起こる事件も、どこか一本ねじが抜けている。
コントと見紛うべき彼らのやりとりと、そんな彼らと調和するアホらしい11の事件をとくとご覧あれ。


深水氏、デビュー作があれなんでバカミスの素質は存分にあると思っていました。
そこからエコール・ド・パリ殺人事件やトスカの接吻など、割と正統派なものを楽しみ...
そして今回見つけたこの本。ブックオフで1000円超えながら即買い。
それはこの本が極上のバカミスという情報を得ていたからです。
で、内容はどうかというと、前評判に違わぬアホらしい事件の数々。
これぞ正統派バカミスというべきで、11の短編全て楽しめました。
ついでにネットスラング的な、つまり少々ラノベチック展開もあったりして、安定の読み易さ。
個人的に最高の話は「監察の神様かく語りき」です。
それを小説でやっちゃうかと。驚きましたが逆に斬新過ぎて笑うしかなかった。
100円でも読みたくなかった本にも出会いがちのこの頃で、しっかりお値段以上の読みごたえを与えてくれた本でした。

評価:★★★★★★★★★☆

大・見(おおべしみ)警部の事件簿

新品価格
¥1,728から
(2015/4/12 00:16時点)




 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。