スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 思い出したくもない人生最悪の96時間(布施文章)

久々に読了。1ヶ月近くかかりました。

とあるミリタリー雑誌の記者である主人公・清水。
そんな彼の弟でここしばらく音信不通となっていた明雄。
清水は心配し弟を訪ねるが、そこにあったのは変わり果てた他殺死体。
思いがけず警察に目を付けられる身となった清水に更なるトラブルが。
弟が死んだ事件の真相と、謎のロシア人少女。
次々に露わになる真相が息をつく暇もなく読者に襲いかかる。


先日のルピナス探偵団より強烈な刺客でした。
ハードボイルドというか、作者がハードボイルドにただただ憧れて頑張って書きました感が凄い。
で、いろいろと作者の熱意ってのは伝わるんですが描写力がどうにも足りない。
具体的にどうとは言えませんが、馳星周氏の作品などと比べて明らかに劣るんですね。
64p「ギムレットをくれ、喉がかわいてるんだ」
このセリフとかくっさい。くさすぎて見てられない。
この手のサスペンスは元々苦手でさして読みたくもないうえに軍隊やら兵器やらの専門用語だらけでさらに意味不明。
おかげで仕事の合間に息抜きに読むということができずもう途中から半分修行みたいな読了でした。
タイトル買いした訳ですが、最低限内容は自分が欲しているジャンルに合わせるべきだと痛感しましたね。

評価:★★☆☆☆☆☆☆☆☆

思い出したくもない人生最悪の96時間 (メディアワークス文庫)

中古価格
¥1から
(2015/5/11 07:31時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。