スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 少年名探偵 虹北恭助の冒険(はやみねかおる)

児童向けらしく漫画のような表紙です。
でもラノベよりはマシ...か。

舞台は虹北商店街という寂れかけた商店街。
語り手は商店街に店を構えるケーキ屋の娘、小学六年生の野村響子。
商店街でささやかな事件が起きた時、彼女は必ずある場所を訪ねる。
古書店・虹北堂を切り盛りする響子の同級生、ただし学校には行っていない。
彼こそが虹北恭助。
コ○ンくんを彷彿とさせる彼のひらめきと推理が、商店街で冴え渡る。
人同士の繋がりと、甘酸っぱい響子の恋心も見えてくる作品です。

児童向けだけあってとにかく読みやすい、これは誰にとっても間違いないでしょう。
あとは日常の謎に特化した、それこそコナ○くんのような作品とでもいいましょうか。
起きる事件が駄菓子屋に謎に置かれる品物だったり、透明人間の正体など取っ掛かりやすく謎の在処も明快。
もちろん謎解き自体もなるべく分かり易く説明してあります。
ただし、大人にはミステリに造詣がない方でも「え、それだけ?」くらいの真相の事件が多いです。
ようは、「どうせこうなんじゃないの」くらいの冗談半分に考えていた推理がそのまま答えになるレベル。
まぁそこも児童向けだからという一言で許容できますし、見るに堪えない論理の破綻なんてのはないので大丈夫だとは思います。
難しい本に読み疲れた方にオススメですね。

評価:★★★★★★★☆☆☆

あ、作者のはやみねかおる、ライキュで出ますよ。

少年名探偵 虹北恭助の冒険 (講談社ノベルス)

新品価格
¥972から
(2014/9/2 08:31時点)


 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。