スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 クビシメロマンチスト(西尾維新)

首を絞めていい友達、ねぇ。。

体裁上主人公に最も近い存在、いーちゃん。
大学の食堂で突如同席してきた女性、葵井巫女子から江本智恵の誕生会に呼ばれる。
戯言使いがまるでただの大学生の如き時間を過ごした翌日、一報が入る。
その内容は江本が絞殺されたというもの。
相変わらずの西尾節が京都を舞台に炸裂する、まさに新青春エンタ。

はい、相変わらずミステリとして読むのはNGですね。
それでも案外、作中でホワイダニットを痛烈批判した割に動機の描き方が面白くはありましたが。
とにかく、大学という自らも経験した舞台と、京都という自らも行ったことのある舞台で、西尾維新のキャラが非日常を語り尽くす様子は不思議な感覚でした。良い意味で。
あとはキャラを一番良い所で残酷に扱いますねこの人ホントに。
それこそがインパクトとなり記憶に刻まれる訳で、心得ておられますよ。
個人的にはこの前のクビツリハイスクールより好みの作品でした。

評価:★★★★★★★★☆☆

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

新品価格
¥1,058から
(2014/9/5 02:27時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。