スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

読了記 犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)

東野作品は安定感があるので、定期的に保険で読みます。

屋上から何の前触れもなく飛び降りて死んだ友人。
どうしても自殺に思えない中岡は、その友人の恋人を巻き込み真実を暴こうとする(小さな故意の物語)
とある企業のとある課で立て続けに人が不可解な死を遂げる。
犯人は恐らくは内部に居るが、誰がやったかはわからない。
所々に挿入される殺人者視点の文章の真意が解けた時、犯人が判明する(白い凶器)
ホワイダニットを精緻に描いた傑作。


とにかく東野圭吾という人は動機付けが上手いです。
もちろんいくつかの作品ではトリックに重点を置いたもので高評価を得ていますが、容疑者Xの献身や悪意なんかは動機や心理面を一段階上の謎に昇華してあり、凄いと思います。
この作品も基本的には人間の細かい心理を描いた短編集。
全てにおいて人間がきちんと描かれており、また最後の一文に大きな意味を託すという、溜めて溜めての手法も取ってあり面白かったです。
個人的なお気に入りは「闇の中の二人」です。動機に至るまでの流れが衝撃的でした。

評価:★★★★★★★☆☆☆

東野圭吾は有名なのですがQMAではあまり見ませんね。
大阪出身の作家で正答が司馬遼太郎と2人固定の多答は時々引きます。

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)

新品価格
¥596から
(2014/9/9 10:57時点)



 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 

スポンサードリンク

プロフィール

ナノ

Author:ナノ
ナノ@シャロン
広島ラウワン、スピカ、ふたばアカデミーによく出没します。

twitterID:nano_nano_

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
QMA
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
スポンサードリンク
スポンサードリンク
楽天
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。